Month: 7月 2018 (page 2 of 2)

電気自動車メーカーの比較

電気自動車メーカーはガソリン車のメーカーと同じですが、それぞれのコンセプトを明確にして開発を行っています。
メーカーを比較するのではなく、コンセプトを比較することから始めてください。
自分がのぼりたい電気自動車ではなく、実際に跨るべき電気自動車を選ぶのです。
無論、若者はスタイルのいい車が欲しいでしょう。
ただ、電気自動車の購入価格はガソリン車よりも高くなります。
ガソリン代と電気代を比較すれば、電気代が安価ですから、10年レベルの合計の維持費を比較すれば電気自動車が安くなると試算されています。
つまり、10年間はおんなじ電気自動車に乗り続けるとしておかなければなりません。
電気自動車がおすすめだとしても、現代はガソリン車が主流ですから、急遽ガソリン車がなくなるわけではありません。
ただ、トレンドが電気自動車の方向にあり、新車を購入する場合には比較することをおすすめします。
トヨタはこれまでハイブリッド車に注力してきました。
そのため電気自動車の開発は遅れていると考えられています。
ただ、電気自動車とハイブリッド車の基本的な部分は同じですから、開発に時間はかかりません。
また、日産や三菱なども同様でしょう。
電気自動車として小型車を開発して要るメーカーもあります。
セルフのぼり、両者乗りで十分な人もいるからだ。
そんなコンパクトカーでは、走行距離は少ないとしても、毎日では可能。
充電は家庭用コンセントからやれるタイプもあります。
時間はかかっても、夜中に充電すればいいだけだ。
どういうところ車が必要なのかによって、選ぶメーカーも変わってきます。
じっくりと検討することが大切です。
ただ、具体的にどういう点を比較すればいいかわからない人もいるでしょう。
インターネットに掲載された情報などを見ながら、自分にとっての電気自動車を考えることが大切です。
メーカーによって自動車のスタイルが違う。
街中を快適に走りたいと考える人もいるでしょう。
おすすめの車だとしても、多くの人が同じ車に乗っていると、違う車が欲しくなる人もいる。
自分の理想と現実を通して、必要となる費用によって電気自動車を比較することが大切でしょう。参照サイト

GWは旭山動物園へ行こう

今年のゴールデンウィークの旅行の計画は二度とお決まりでしょうか?
出国ラッシュや自動車道の渋滞はぐったりとお考えの方、羽田から飛行機で約1時間の空の旅で、爽やか北海道旅行はいかがですか?

北海道といえば見どころはたくさんありますが、ゴールデンウィークにおすすめなのが旭山動物園だ。
動物本来の姿をもちまして見て味わうというコンセプトで、他の動物園にはなかった行動展示が人気で旭山動物園は一躍有名になりましたが、そういう旭山動物園は例年ゴールデンウィークから夏季営業がはじまります。

冬季と何が違うかと言うと、夏季営業になると、屋内の飼育舎で過ごしていたペリカンやカピバラなど人気の動物が野外の展示スペースに戻ってきます。
また、カピバラを含め冬には至極見ることができなかった動物を見ることができるようになります。
どんどん、この時期ならではのエゾシカやホッキョクギツネなどの、冬の毛から夏の毛への生え変わる姿が見ることができます。

旭山動物園は、札幌に滞在していてバスやレンタカーによって日帰りで訪ねることもでき、往復の高速バスと入園券がセットになったパッケージツアーもたくさん催行されています。

札幌からのキロは約140kmですが、スムーズに・休憩なしで進めば2時間ほどで到着できます。
ただ、多くのバスは途中の砂川PAで休憩をとり、2時間半から3時間かけてすすむので、朝札幌を出発しても、到着はほとんどお昼前になります。
そのため、ツアーによるときの滞在時間は3時間〜4時間がほとんどで、車の渋滞などがあるとグングン速く至る可能性も出てきます。

旭山動物園はいまひとつ大きくはないので、大人だけでめぐるなら2時間〜2時間半あればすべて回れると思いますが、ちっちゃな子供連れなら、最低でも3時間半は必要でしょう。
プラス、写真をとったり、ランチやブレイクタイムをとったりすることを考えるとなると、4時間は見ておいた方が良いと思います。
札幌からのツアーによる場合ギリギリといったところでしょうか。

ペンギン館やアザラシ館、ホッキョクグマ館など込み合うところもあるので、自分たちのペースと見たいものを考えて、お先に予定を組んでからいらっしゃることをおすすめします。ミセルDライン

Newer posts