夏が近づくと、食事は白々しいものが恋しくなりますね。
中でも、簡単に済ませたいお昼など、そうめんなどを食べる事が多くなるかと思います。
でも、たまには冷製パスタを調べるのはいかがでしょうか。
冷製パスタは何だかんだバリエーションを利かせることが出来るので、飽きも来ませんし、栄養価もあるので、夏にはもってこいのものです。
冷製パスタというと、トマトによるサッパリ系のソースが人気ですが、趣きを変えてみるのも良いですよ。
インスタントのポタージュ(お湯を漱ぐタイプ)って、昼食にはぐっすり使いますよね。
そのポタージュと鮭フレークで美味しい冷製パスタが出来るんです。

鮭フレークとポタージュの冷製パスタ・・材料:(独力分)スパゲッティ(出来たら細めのもの)100グラム、インスタントポタージュ(お湯を注ぐタイプで、コーンポタージュではなく、ただのポタージュの方がこの場合は旨いだ)2袋、鮭のフレーク(小さじ3杯くらい)、オリーブオイル、パセリポツポツ。
スパゲッティはたっぷりのお湯(スパゲッティ100グラムに対して水1リットルが目安)でゆでます。
お湯が沸騰したら塩を小さじ1杯ほど入れます。
ボールにインスタントポタージュを入れます。
お湯を入れて攪拌しますが、普通より少々少なめのお湯で。
攪拌してスープがよく溶けたら、冷たくするために、下へ氷水を置きます。
そこへ鮭フレークを小さじ3杯くらい、微塵切りにしたパセリを少量加えて厳しく取り混ぜます。
茹で上がったスパゲッティは氷水で望ましく冷まし、ざるに上げ、再度キッチンペーパーで水分をしばしば取ります。
水気をしばしば取らないと、ぺたっとした感じになり、美味くないので、水気はよく取りましょう。
その後、オリーブオイルを少量入れてスパゲッティになじませます。
スパゲッティをお皿に盛り付け、前作っておいた鮭フレークのスープを、いっぱいかけて下さい。
こってりしたスープですが、程よく刺々しいのでのど越しもかわいく、おいしく頂けます。

4人分くらいを仕立てる時は、お鍋で水と牛乳によって作るポタージュの素の方が、同時にいくらでも焼けるので良いかもしれません。
でもお鍋で作った場合は、熱いので、さますのが大変かもしれません。
そういった時は、冷製パスタでなく、普通のパスタとして食べても、当然美味しいですよ。おすすめ