ゴールデンウィークともなりますと、知名度の大きい名勝は多分混雑していますし、そこへ行くまでの道路も渋滞しがちな場合が多いです。
渋滞は、とくに時間のロスと疲労に繋がりますので公共の乗り物によってみるというのも一案ではありますが、お出かけ先の混雑も必至ので、さすが穴場を旅行したいですよね。
ちょこっと視点を変えてみれば、知名度のおっきい名勝が混雑しているは、そんなところを避けてお出かけすれば良いわけです。
何だか行ってみたいという希望がないかぎり、他の面白そうな旅行先を探しましょう。
そこで、おすすめしたいのが、離島と温泉なのですね。
冬の寒い時期には温泉を旅行先に選ぶかたが多いのですが、温かくなってくるゴールデンウィークあたりは、アウトドアで味わえる旅行先を選ぶかたが一際、増えてくるからだ。
そんなときこそ、行ってみたかった温泉を選んでみますと、憧れの宿も意外と楽に予約が取り去れたり決める。
少々季節がそれる結果穴場になるわけですね。
また、船に乗らないと行くことができない離島は、そのひと手間のために敬遠するかたが多いです。
船は時間がかかりますが、どうも乗っかる機会もありませんので、海の上から景色を見極めるのはある意味、非常に贅沢な行為でもあります。
船酔いを心配なさるかたもいらっしゃるでしょうが、フェリーなどの大き目の船で1〜2時間程度であれば、嵐の日も無いかぎり、ほんとに適切ものですよ。
船に強いかたは、世界遺産にも登録されました小笠原諸島などもおすすめですね。
世界遺産に登録されるくらいですから、意外と素晴らしい島々だ。
世界遺産と言えば、世界遺産巡りも良いですね。
京都や奈良などは、ゴールデンウィークの混雑が凄いですから、そんなところは遠ざけなければなりませんが、そんなに穴場は多そうです。
現在、文化遺産が17、自然遺産が4、登録されていますし、次の候補はいくつもありますので、この先も登録されてゆくでしょう。
ご自身がいる国の世界遺産を出向くは、かなり意義のある旅行にもなりそうです。
やはり、海外の世界遺産もスケールが大きいものが多いので、足を延ばせるのでしたら、おすすめしたいですね。
また、最近は、今まで全然注目されていなかったものが、SNSやインスタグラムによって、世間に大きく流行るようになりました。
その結果、きれいな場所や可笑しい場所、物珍しい場所に人が多く固まるようになっています。
現に、ネット上で拡散なるだけの事は居残る、と思える場所が多いので、そんな穴場をいくつかピックアップして周ってみるのも楽しそうだ。
他にも、パワースポットめぐり、城めぐり、御朱印呼び寄せ、鉄道旅、登山等々、趣味を兼ねた旅行ができれば最高ですね。
とことん知名度の低い場所へ行くのが、ゴールデンウィークの旅行を悠然と楽しむコツではないでしょうか。
ただ、近年は外人ツーリストの増加が酷いため、今まで穴場であった場所もこれから穴場でなくなりつつあります。
さっそく、計画を立てて今のうちにあなたが行きたいとしていた場所へお出かけしてみましょう。WEBSITE