今年も、あともう少しであついあつい夏がやってきますね。今から旅行や海水浴など、夏のレジャーを具体的に計画している人もたくさんいることでしょう。今年いよいよ社会に出て、一生懸命勤める新人のみなさんは、もしかしたら仕事を覚えることや職場に慣れることに精一杯で、休みを満喫する、といった窮屈かもしれませんね。いかなる仕事も最初はやけに大変です。あせりは駄目が、素早く一人前になって、落ち着いて仕事を味わえるようになれるといいですね。そうなれば、休暇もじわじわ取ることが出来たりするかもしれませんね。

面白い夏を迎える前に必ずや訪れるものがありますね。それはあのじとっとした梅雨だ。梅雨は湿度ものぼり、カビも生えやすくなり、雨で行動しにくいですし、いまひとついいイメージがないですね。太陽が出て暑い5月とは違い、肌寒い日も多いです。なるたけ梅雨は早く終わってほしいですよね。そういう梅雨の時期に、新人のみなさんに是非準備してもらいたいものがあります。それは暑中見舞いだ。

みなさんには、日頃なにかとお世話になっている上司がいると思います。その上司に暑中見舞いを出してみませんか?普段顔をあわせているからといって暑中見舞いを出してはいけないわけではありません。日頃の感謝の気持ちをこめて暑中見舞いを出してみましょう。そもそも現代人は、普段葉書を取り出すこと自体わずかです。もちろん味わうことも僅かのではないでしょうか。そんな現代だからこそ、新人から暑中見舞いをもらったときの上司の気持ちは、とっても楽しいだろうと想像出来ます。これからもがんばって教えていこうと感じてもらえるかもしれません。

暑中見舞いを作成するにあたって、少々注意したほうがいいかなということは、葉書の表面と裏面の文字の方向だ。それぞれ、縦書きなら縦書き、横書きなら横書きにあわせるほうが不自然にならず読みやすいので、そのようにするといいと思います。手っ取り早い地域は5月中、遅くても6月中旬頃までには梅雨入り行なう。暑中見舞いは梅雨明けに醸し出し作るものなので、日頃なにかとせわしないでしょうが、是非梅雨の間に少しずつ準備していって下さいね。http://www.stichtingvakgroepreflexology.nl/