青森県には世界遺産の「白神山地」や「三内丸山遺跡」、「弘前城」、「十和田湖」など国内有数の名勝があります。
そういう青森県における人気の名勝「奥入瀬」。
毎年夏には多くの乗客が訪れます。
奥入瀬渓流は有名な十和田湖の下流にあって、愛らしい渓谷の中を去る奥入瀬渓流はマイナスイオンたっぷりの癒しスポットだ。
奥入瀬渓流は、十和田湖から約14km続いてある。
渓流周辺には豊かな樹木があり、十数か所という滝があります。
渓流における様々な奇岩など物珍しい景色が渓流美を作り出してある。
5月から6月にかけては新緑、10月には紅葉が見ごろとなります。

渓流沿いには遊歩道も完備されています。
渓流沿い約14km、焼山〜子ノ口まで貫く遊歩道は、徒歩だと約4時間、自転車だと約1時間半から2時間くらいの道のりだ。
石ヶ戸〜子ノ口は少し短めで8.9km、徒歩で約2時間40分くらいの道のりだ。

渓流沿いはとても気持ち良いので名勝として夏には中でも多くの乗客が訪れていて、徒歩やサイクリングで散策を楽しんでいます。
おすすめの徒歩での散策ルートは、「雲井の滝」〜「銚子大滝」のルートだ。
散策時間は50分ほどで、道中9つもの滝を見ることができるため滝を見たい人に更におすすめとなっています。
もう1つは「馬門岩」〜「雲井の滝」のルートだ。
散策時間は半ほどで、奥入瀬渓流の中でも一際人気の「阿修羅の流れ」が見られます。
時間的にも少ないので単なる散策におすすめです。

サイクリングを楽しみたい人にはレンタサイクルが用意されています。
渓流沿いを自転車で駆けると爽快で結構気持ちがいいだ。
レンタサイクルは、焼山バス停のすぐそば、石ヶ戸バス停のすぐそば、子ノ口バス停のすぐそばにあります。
朝8時から利用できます。
利用料金は4時間700円で以降1時間ごとプラス300円だ。
電動アシスト付き自転車だと4時間1,000円だ。

奥入瀬渓流は十和田湖と合わせて夏の国内旅行におすすめのスポットだ。
ガイド付き散策によると、おすすめのビュースポットや四季ごとの花々木々などについて教えてもらうことができます。
奥入瀬渓流についてすばらしく引っかかる人にはおすすめです。参照サイト