大手おもちゃメーカー「タカラトミー」は、日本だけではなく世界中に知られたおもちゃメーカーだ。
日本でも多くの子供が狭いころ、タカラトミーの「トミカ」のおもちゃで遊んでいると思います。
本物そっくりに作られた手のひらサイズの精巧な車、子供だけではなく大人でも喜べる商品となっています。
そのラインナップも140種類以上となり、今でも新車を発売し続けてあり多くのファンを魅了しています。
子供と大人、ひいては3世代も一緒に喜べるおもちゃだ。

中国もトミカの人気は強いものがあります。
日本と同じように、昔トミカで遊んでいた人たちが大人になり、子供も大人も喜べるおもちゃとなっています。
日本へ来たときにお土産として、トミカを爆買いする人も少なくないそうです。
ひいては毎年開催されているトミカ博に、わざと中国から訪ねるファンもいる。
トミカ博は、日本国内のあちこちの県で行われている。
その時どき、開催場所においてテーマは違っています。
動くクルマを集めたもの、トミカタウンをテーマにしたもの、トミカワールドをテーマにしたものなど何かと行われている。
入場料はかかりますが、入場特典で、非売品の入場記念トミカがもらえるのも魅力のようです。

ファンに聞くとどうしてもトミカの魅力は、「作りの精巧さ」におけるようです。
ミニカーのサイズはたったの6cmくらいなのに、本物そっくりに作られています。
タイヤのホイールの質感もなめらかで、可愛らしい。
日本の製品は、丁寧で精巧、「職人技」と世界に評価されています。
トミカのおもちゃもまさにそれが人気の理由となっているのでしょう。
子供のおもちゃだけではなく、大人が集めて眺める楽しさもある、そのため広い世代に人気があります。

トミカのミニカーなどは、正にいらっしゃる車やトラックなどを忠実に再現して小型化しているのが魅力です。
子供たちも正に走っている本物の車と同じ、というところに魅力を感じるからです。
日本には走っていない、中国だけの車もあります。
トミカではそれらも作っている。
そのためバス、タクシー、乗用車など中国限定のトミカも存在してあり、日本でも逆輸入するなどして購入する人がいるようです。引用